​About LiD

LiDはvery50の「自立した優しい挑戦者を育てる」という目標に基づき、実際の社会起業家の経営課題に取り組むケーススタディを中心に据えながら、それを​推進していくために必要なビジネス基礎力講義、発展的なビジネススキルや新興国の社会問題理解を深める応用講義、弱点や関心事を集中的に学べるゼミ活動を用意しています。

​個人のレベルや興味に基づいて自由にカスタマイズしながら実践的な学びを深められる環境になっています。

ideal.png
Vannary
Vannary

press to zoom
Zo Project
Zo Project

press to zoom
Rokhak
Rokhak

press to zoom
Vannary
Vannary

press to zoom
1/7

​実践的なケーススタディ

現場で社会問題に立ち向かっているvery50の提携社会起業家の抱える経営課題に対して、日本の市場調査やプロダクト調査、類似企業の研究等を通して改善につなげることを目指します。

講義で学んだ知識を実際の経営課題に取り組みながらスキルへと昇華させていくことが目的です。

起業家はそのビジネスを成功させることを人生のミッションにしている挑戦者です。その起業家たちの本気度を目の当たりにしながら、本気でその解決に立ち向かう時間は必ず今後の活動や人生に大きな影響を与えるはずです。

また、ケーススタディを質の高いものにするために、経験豊富なvery50スタッフや大企業の社会人にフィードバックを頂く機会を多数用意しています。

自身の学びにも、実際の社会インパクトを生むという意味でも非常に価値の高い時間になるはずです。

ケーススタディをサポートする必須講義

ケーススタディを進める上で必須となるビジネス力に関しては必須講義として全員に受講してもらっています。

講義はインプット以上に実際のケースを使ったグループワークによるアウトプットに重点を置いて設計されているため、わかった気になるのではなく、使える状態の理解までもっていきます。

必須講義は基礎と位置付けられていますが、様々な場面で応用の効くコンテンツを扱っています。LiD内のケーススタディだけでなく、卒業後、就職後も含めて長く活かせる知識になるはずです。

picture_pc_485ae7007dc045cac475c7b7711ee
LiD 125_200303_0002.jpg

視野を広げる任意講義

必須講義はケーススタディに沿って全員が必要になるコンテンツを扱いますが、任意講義ではケースの中で必須ではないものの理解していると深みが増す分野や、今後新興国で活動する上で理解を深めておきたい分野などを中心に視野を広げる目的で設計されています。

そのため、ケースの中ですぐに実践できるわけではありませんが、今後社会に出て行くためにより広くビジネスの知識を身に着けたい、社会問題を深く理解したいなど個人の興味関心に合わせて自己成長に繋げられる講義を用意しています。

​任意参加のため、人数も少なく議論時間もじっくりと取れるため必須講義に比べ濃密な学びになるはずです。

基礎力をじっくり鍛えるゼミ活動

ゼミ活動は今までの経験やケーススタディの中で気付いた個人の課題感や弱点、興味関心についてじっくりと学ぶことが出来るように設計しています。

主に参加者のアウトプットに対するフィードバックを中心に進められ、他の参加者と一緒に切磋琢磨しながら、毎週じっくりと学びを深めることが出来ます。

​アウトプットを出す分、ワーク量は増えますが1つのことに対してじっくりと時間をかけながら学ぶため、じわじわと成長を実感できるのもゼミ活動の特徴です。

法:DiG_PF1_PJ設計.jpg